茨城県カーコーティング店 s-detail’s blog

茨城県 自動車ボディコーティング、ボディ磨き、車両美観の施工例

マツダ アクセラ ボディコーティング

ボディ研磨終了後にガラスコーティングを施工しました。ボディカラーは41W=ジェットブラックマイカとなります。

f:id:s-detail:20200102223255j:plain

マツダ アクセラ

 

 最初にお車の情報として既に使用されている経年車で平成29年式、そして新車時にはマツダ純正のコーティングが施されています。MGシリーズで一年サポートの商品名は「BODY COATING MG-1」です。
コーティングは特に年数で区切りをつけるものではありませんが、一つの目安や数字での区切りをつけるのであれば新車時施工からは丸二年を経過しています。

ついでの余談ですが、新車時に施工する1年もののコーティングにしては税込45,650円と結構な値段。費用対効果はコメントを控えますが・・・

他社や他店の物にはそれなりの理由はある事ですが、ユーザー様の立場で考えるとコーティング選びなどは”意味のある物をお選び下さい”と言うのが私からのアドバイスでしょうか。

お客様はWEBで当店を検索、初めて御利用になられました。現車の状態から一度綺麗にしたいという事でした。後からお話を伺うと当ブログをよく見ていただいていたとか・・・

ボディ研磨前の作業

研磨作業の詳細は研磨編で書いておりますのでそちらを参照下さい。

 

s-detail.hatenablog.com

研磨前に行う作業が多々あります。車両の状態により作業数は変わりますが車両を預かったら直ぐに機械を当てて磨き作業ではありません。


順序は様々ですがまずは全体の汚れを落としていきます、

f:id:s-detail:20200107200931j:plain

高圧スチーム洗浄

f:id:s-detail:20200107201011j:plain

高圧スチーム洗浄

特に下回りの泥汚れも落とし、パネル間の汚れ、チリ埃も飛ばしてしまいます。

ボディパネル塗装の状態を整えます。
特殊な溶剤を使用して塗面の上の余計な物を取り除きます、これには染みなども除去する事も考えていきます。

f:id:s-detail:20200107200826j:plain

スケール除去

色の変化があるのは反応しているからです。既存の何か塗っていた物も斑になっているのが判ってしまいます。

次に塗面のザラザラ感が残りましたので、鉄粉除去を行います。

f:id:s-detail:20200107201452j:plain

鉄粉除去

通常、当店ではトラップ粘土を使用しません。何故なら粘土は少なからず傷を入れてしまうからです。今回は除去剤でも除去不可となり止む無く粘土を使用しました。

設定してあるルールとしては粘土使用は研磨作業前提となります。逆に言うと、どうせ磨くのだから粘土を使って傷を付けてもいい訳ではありません。
メンテナンス時等の作業でも基本的に粘土は使用しません。無用な傷を入れないのが大前提となります。

結果、今回は粘土使用傷を極力入れないという作業で対応させて頂きました。

因みに当店の鉄粉除去剤は原液を調達使用しております。市販品との差は歴然ですが、鉄粉の付着原因や付着の仕組み等(塗面に刺さる、食い込む)から液剤での処理も限界があります。

ボディの状態はこんな感じでした↓

f:id:s-detail:20200108170346j:plain

持ち込み時のスケール状態

f:id:s-detail:20200108170435j:plain

持ち込み時のスケール状態

下地作業と研磨でこの様になります↓

f:id:s-detail:20200108170542j:plain

ボディケア後

細かい所ではエンブレム廻り、

f:id:s-detail:20200108170714j:plain

エンブレム周りの汚れ

写真で撮ると廻りが白く縁取りされた様にも見えてしまいます。

f:id:s-detail:20200108170832j:plain

エンブレム廻り洗浄後

研磨前の下準備作業(洗浄等)→研磨→脱脂→コーティングという流れですが、今回のブログは順序を関係なく御紹介となりました。

ボディコーティング施工

塗布中の写真はありませんでしたが、一晩おいて・・・

f:id:s-detail:20200108172424j:plain

アクセラ ガラスコーティング

f:id:s-detail:20200108172800j:plain

アクセラ ガラスコーティング

翌日の屋外での写真となります、

f:id:s-detail:20200108173320j:plain

アクセラ ガラスコーティング

f:id:s-detail:20200108173408j:plain

アクセラ ガラスコーティング

f:id:s-detail:20200108173435j:plain

アクセラ ガラスコーティング

ボディコーティングには「エシュロン」を施工させていただきました。車両は新車の様にはなりませんが、塗面のリフレッシュをしたことにより全くの別物と評価させていただきます。当店では”この艶”や”新車の様な・・・”とは表現しておりません。
ですが、↓の画像では映り込みが(笑) 景色や当店の敷地内が映ってしまうので気を付けなくては、、、

f:id:s-detail:20200108174007j:plain

アクセラ ガラスコーティング

施工のまとめ

御注文いただいたのはボディ研磨とボディガラスコーティングの2点。
研磨は下地作業も多重に行い、内容としてはハード研磨です。ハードと言っても研磨量の多さではなく作業の多い量を表します。

他にサービス作業として、

f:id:s-detail:20200108174529j:plain

ステッカー除去

傷んでいる旧コーティングステッカーの剥離、凄く小さな事ですがステッカー跡は輪郭が必ず残りますのでガラス専用研磨剤を使用して極力跡を残さない様に作業をしています。

もう一点、最後に気になってしまった部分があり、こちらで勝手にサービスさせて頂きましたm(__)m
部位的にはリアバンパー下部の樹脂部です。この車両は他に大きく樹脂を使っていないのですが後部バンパーのみの為目立つのですよね(傷んでいると)

f:id:s-detail:20200108175745j:plain

樹脂専用ガラスコーティング

f:id:s-detail:20200108175813j:plain

樹脂専用ガラスコーティング

↑ 途中まで塗っている所、見違えますよね!

f:id:s-detail:20200108175917j:plain

樹脂専用ガラスコーティング施工後

この部分だけ何もしないと古ぼけた感じが出てしまいます。
参考までにこの位の面積で¥5,000~(+税)。塗布商品が只の艶出し剤ではなく、しっかりしたガラスコーティングの施工料金を頂いています。複数部位により割引の計算お見積りとなります。

W41、ジェットブラックマイカのボディカラーは、硬めのクリヤですが研磨が決まれば良い仕上がりになる傾向です。当店でも同カラー仕様の車種で他のお客様も御利用されています。深い傷やシミは一度入ってしまうと取りずらいのですが、研磨量と残塗膜量をバランスよく考慮して仕上げるのがお車にとって大変良い結果を生むのです。

因みにお客様は後日他の車両も入庫予約をいただきました!
計3台を入れて頂きますので後程宜しくお願い致しますm(__)m
この度は有難う御座いました!!